慢性胃炎の鍼灸治療

慢性胃炎の鍼灸治療

 胃炎とは胃粘膜が萎縮し胃酸分泌の異常や粘液の生産が低下し、そのため粘膜を守る機能が
低下した状態です。 慢性胃炎は暴飲暴食、過度のアルコールたばこ、不十分な咀嚼などの食習慣によるもの
急性胃炎を繰り返し移行するもの、胃潰瘍や胃癌に続発するものなど、慢性的胃粘膜の炎症と
胃腺の萎縮したものに対しこの名前がつけられ肥厚性、萎縮性に分類されます 

慢性胃炎の症状

 肥厚性胃炎では、胃粘膜が肥厚し粗大となり胃の分泌と運動は促進します。
そのため胃酸過多気味となり、むねやけ、げっぷ、胃痛等を訴え食欲はかえって進みます。

 萎縮性胃炎は粘膜が狭小となり分泌、運動は減退、多くは食欲不振となり胃部の重圧感、
膨満感、貧血、下痢を伴いやすくなります。

慢性胃炎の治療法

 *日常生活における改善

 常に食事には注意をすること よく噛み砕くこと 量は少なくてもカロリーの多い柔らかな食物にする
 暴飲暴食はもちろんいけない 甘い物の食べすぎは特に悪い

*薬物療法

 消化性潰瘍薬 向精神薬など

*鍼灸治療

 基本的に内臓の機能低下なのでこれを改善するため自律神経失調症の治療を施し、さらに   

  • 胃酸過多傾向のものは—-上不容 膈兪 陽陵泉
  • 胃酸減少傾向のものは—-章門 肝兪 肺兪
  • 便秘傾向のものは—-大腸兪 神門
  • 下痢傾向のものは—-大巨 腎兪

 など、症状に沿ったツボを使用し鍼灸治療を施します。

 慢性胃炎の治療は病歴にもよりますが、6ヶ月以上とやや長期に及ぶ場合が多いので
来院での治療に加え〔苦手な方には無理に進めませんが〕自宅にて足、背中への灸をすえていただくと
さらに効果的です。

おだいじにどうぞ

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください