尾てい骨痛 尾骨痛の鍼灸治療 東洋医学

尾てい骨痛 尾骨痛の鍼灸治療 東洋医学

しりもちをつき、尾骨を強打した場合、レントゲンなどの検査ではでは異常が見つからず、一般的に
整形外科、接骨院、整体院などでは、これといった治療法はありません。

低周波などで痺れさせてごまかしたり、温めて気持ち良くしたり、痛みどめ内服薬などの対症療法しかないのが現状です。

時間が経過すれば自然と治るようなものならこれでよいのですが、尾骨を強打した場合、時間がたっても
なかなか症状が改善しない事が多く、この尾骨、尾てい骨の痛みに悩まされている方がいらっしゃいます。

 

尾骨の痛みは、レントゲンでは分かりませんが、指で圧迫しても痛みを感じますので、やはり骨が傷ついていると考え治療すべきです。

治療法としては、尾骨周囲の血流を改善させることと、骨の治癒を早めるツボを使うことの二つが大切です。

生まれつき尾骨が出ていて、床に座っただけで痛めてしまう人もおり、外傷だけでなく原因は様々です。

尾骨、尾てい骨の痛みでお悩みの方は、朝岡鍼灸院までご連絡ください。

おだいじにどうぞ

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください