慢性前立腺炎の鍼灸治療

慢性前立腺炎の鍼灸治療

 鍼灸にて完治 ~自身の経験から~

 慢性前立腺炎は、私が29歳の時【1994年】に患ったことがあり、そのつらさを経験しております。
当時勤務していた病院の紹介で東京の医科大学付属病院にて3ヵ月ほど治療しましたが、
さっぱり回復しませんでした。

 

【無菌なのに抗生物質の薬を処方されたり、尿道からのカメラ検査でさらに悪化 他】
結局その原因を教えていただいたわけでもなく、根本的治療は無いと気づき、自分自身で
治そうと思ったわけです。

 

 そして研究を重ねた結果、完治させることができました。

 

 その後、平成8年に鍼灸院を開院し今現在に至るまで、慢性前立腺炎の患者さんを多数
治療させて頂いております。

 

 非細菌性前立腺炎は、西洋医学ではあまり良い治療法が有りません、鍼灸が一番効果的だと
言えます。

 

 非細菌性の慢性前立腺炎は、その原因をしっかりと治療することが大切です。

 

 鍼灸治療に来られる他の患者さんも同じように、血液検査、MRIなどの画像診断、カメラ、などの検査では、どこも異常がなく、しかし躰は辛いという方が大勢いらっしゃいます。

 

 現代の医学、科学では分からない事が沢山あるのです。
鍼灸は、経験の積み重ねによって3000年前から続いている医学です。ここが現代医学との違いです。

前立腺炎の症状

 前立腺が炎症を起こした状態を前立腺炎と言いますが、症状はさまざまです。

 急性前立腺炎は、尿道から侵入した細菌が前立腺に感染し起こるものですが
慢性前立腺炎は(非細菌性)細菌感染から移行したものと、最初から感染のないものとあります

 特徴的症状は、まず
会陰部痛 (椅子に座っていてあたるところ)
これは何とも言えないつらさがありまして、なったことのある人でないと分からないのですが
痛いとゆうか、つらいとゆうか、とにかく座ってるのが大変です。
ゆるいズボンならまだ良いのですが、ジーンズだとかなり厳しかったりします。

 下腹部、鼠蹊部の違和感、熱感
これも、何とも言えずいやなものです

 大腿内側などの痛み、違和感、しびれ

 頻尿、排尿痛、残尿感
頻尿は1時間おきとか、夜間の睡眠時も3~4回も起こされると、かなりつらかったりします

 このほかにも、陰茎痛、尿道痛、尿道違和感、射精痛、性欲減退、ED、他
ちょっと他人に相談できないような症状もあり
患者さんによって様々です。

前立腺炎の原因

 慢性前立腺炎は、デスクワークや運転手など長時間座り続ける職業におおいのですが
(そうでない場合もあります)、

まず原因の一つが骨盤内の血液の滞り(うっ血)です。
慢性前立腺炎の患者さんは、全員が何らかの理由で、骨盤内の血流が滞っています。

この他に
鼠径リンパの滞り、ストレス、食事の不摂生、慢性疲労、ホルモンバランスの乱れ
免疫の低下、目の使い過ぎ、アルコール、運動不足、などが考えられると思います。

骨盤内のうっ血は漢方では、オ血と言います、(簡単に言うと悪い血)
骨盤内のうっ血は、女性でしたら子宮筋腫、卵巣嚢腫、不妊症などの婦人科疾患の原因となります。

これを男性に当てはめると、男性特有の臓器である慢性前立腺炎になるわけです。

前立腺炎の治療法

 もちろん骨盤内のうっ血を改善し、前立腺の血液循環を良くしてあげることです
特効的と言われるツボもあるのですが、
仕事や生活環境、ストレス、食生活、そしてもともとの体質はみなさん違うものなので、
その患者さんにあわせて、オーダーメードでツボを選び骨盤内のうっ血を改善させます。

 自宅で市販の温灸(せんねん灸、長生灸など)もして頂ければさらに効果的です。
(簡単で、やけどもしないので来院いただければツボにしるしをつけます)

 アルコールがいけないという話も有りますが、飲まない方でも慢性前立腺炎は多いので
原因が他にあるということです。

 来院されて、診せていただければ、原因と治療は見当がつきますので、もし慢性前立腺炎の
つらさで御苦労されておりましたら、迷わず朝岡鍼灸院までお問い合わせください。

 【3回で良くなってしまった患者さんも過去にいましたが、慢性疾患ですので週一回の来院で、早くて3か月みてください。 酒量が多かったり、合併症 ストレスなどの外部環境次第ではそれ以上かかる場合もあります。

おだいじにどうぞ

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください