不妊症の鍼灸治療 東洋医学療法

不妊症の鍼灸治療 東洋医学療法

 病院の検査で何処にも異常がないにもかかわらず、不妊症で悩んでいる方が多くいます。
このページでは、その様な不妊症の東洋医学的治療法の紹介です。

不妊症の原因

 不妊症の原因は女性の場合、卵管閉塞、無排卵、子宮発育不全、子宮内膜症、卵巣の障害、子宮筋腫、など。

 男性の場合は、精子の異常、性交不能などである。
しかし、女性、男性ともに異常がないのに、不妊症で悩んでいる方が非常に多くみられる。

 

 不妊症の原因によって治療は異なるが、原因がわかっているものは、これを取り除く治療をおこなえばよい
(西洋医学的、東洋医学的)

 

 しかし、検査をしても原因のわからない不妊症は、西洋医学的には適応する治療法がないのでほどこしようがない。
この原因のわからない不妊症に対し鍼灸治療はたいへん有効である。

 

 排卵があり、男性にも異常がなければ必ず妊娠すると言って良い。
なぜなら西洋医学の検査ではわからない不妊症の原因を解決するからである。

 

 その原因とは女性の場合、ほぼ100%冷え症の体質(自覚が無くても)にあり、仕事をされていたり
ストレスをかかえている女性は、なお妊娠しにくい。

 

 妊娠するにも、それなりの元気が必要であり、若い時はその元気もたくさんあるので妊娠しやすいが
年齢とともに妊娠する元気は低下してしまう。
これに、冷え症体質や仕事、ストレスによる疲労が加われば、普段の生活だけで
自分の持っている元気を使い切ってしまい、妊娠できるまでの元気が残っていないのです。

 

 人間の身体は正直なので、妊娠出産に耐えられる元気がない場合、ある種の防衛反応で妊娠しないでいるのです。
これは、妊娠途中で流産してしまう人にも同じ事が言ます。
要するに、妊娠、出産に耐えられる身体ではないので、自然にこれを拒否するのです。

不妊症の治療法

 要するに不妊症の治療は、妊娠が出来る元気、10ヶ月これに間耐えられる元気を出してあげれば良いのです。
女性のからだのページでも説明してありますが、女性の元気イコール子宮の元気です。

 

 女性の場合どんな病気でも、まず子宮を元気にすることが大切で、とくに不妊症の場合は
これがすべてと言えるでしょう。

 

 東洋医学的には五臓六腑のうち、子宮に元気を送っているのは、おもに肝、脾、腎の三つの臓の気で
不妊症の人はこのうちのどれか、あるいは複数の気が弱く、また、この三つの臓の、気のとうり道(経絡)の
気の流れも弱くなっているはずです。

 

 治療は、肝、脾、腎の経絡の気の流れを回復させること。

 

 経絡の気の流れが良くなれば、それにつながる肝、脾、腎の三つの臓の元気はおのずと増えていきます。
この元気が自然治癒力というもので、子宮の元気を出すのです。

 不妊症の女性の場合、子宮が元気になれば、体力もつき、同時に冷え症の体質も改善され
(肩こり、頭痛、不眠、倦怠感、疲労感、精神の不安定など冷え症に随伴する症状も)
妊娠できる体力が備わるのです。

 

 このように、身体に元気が出てよい状態になりさえすれば、先にも述べましたが
排卵があり男性にも異常がなければ、必ず妊娠できるのです。

 

 器質的疾患のない不妊症治療は東洋医学(鍼灸治療)の最も得意とするところであります。
いので、自然にこれを拒否するのです。

 

 以上、わかりやすく説明したつもりですが、何かご不明なことがありましたら
メールまたはTELにてお問い合わせください。

おだいじにどうぞ

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください