ゴルフ肘 テニス肘【肘痛】の鍼灸治療 完治療法

 ゴルフ肘 テニス肘 などの肘の痛みの治療法の紹介です。治りにくいのには理由があり朝岡鍼灸院では患者さんごとに原因を追究し鍼灸にて治療します

ゴルフ肘テニス肘とは

 正確には上腕骨内側上顆炎、上腕骨外側上顆炎という名称です。

 肘の内側と外側は手首を曲げたり、そらせたり、左右に回したりする筋肉の付着する部分です。 このような動きを、スポーツなどをするたびに筋肉が収縮し その付着部が繰り返し引っ張られてしまうと炎症がおこります。

 特にゴルフやテニスをする人に多いので、ゴルフ肘テニス肘などと呼ばれています。 (30代後半~50代に多い)

肘の痛み

 ゴルフやテニスをしていなくても、症状が同じ場合は病院ではゴルフ肘またはテニス肘と言われる場合が よくあります。

 特に30代から50代の女性に多く、フキンが絞れなくなったり、痛みで腕が伸ばせなくなったり 家事に支障をきたす事がしばしばあります。

 この年代は筋肉の低下とともに、ホルモンのバランスが悪く代謝機能が低下し、疲労が蓄積しやすいので 日常の家事など腕を使うことで、肘が疲労し痛みが引きにくい状態が続いてしまいます

 この場合治療は肘プラス、代謝機能改善と疲労回復がしやすいようにホルモンバランスをととのえます

ゴルフ肘テニス肘の症状

 ゴルフやテニスでインパクトの瞬間、肘の内、外側に強い痛みが生じ、タオルを絞る時や サッシなどの横に引く扉を開ける時にも痛くなります。 これより重症になると、何もしていなくても強い痛みがあり、特に夜間はそのせいで目が覚めてしまい 体への負担も大きくなります

ゴルフ肘テニス肘の一般的治療法

 肘の安静つまりスポーツの禁止や固定、低周波などの電気治療、肘の少し手関節よりの筋肉にバンドを巻き 筋の収縮を制限する、局所抗炎症剤の使用、局所麻酔薬、副腎皮質ステロイドの局所注射。

ゴルフ肘テニス肘の鍼灸治療 解消法

 上記の様な治療では治らない方が私の所に来院されるわけですが、 まず、大事なのは自分自身の回復力で治さなければならないということです。

 練習を休んだり、スイングを変えれば、一時的に良くなったとしても運動量をもとに戻すと 再発するケースも多いのです。 原因をきちんと治療をすれば、練習を続けながらでも治ります。

 この様な患者さんは、症状が出ているのは肘なのですが、他のどこの筋肉や関節が痛くなっても 不思議ではありません、背中、腰、ふくらはぎもかなり緊張しているはずです。

 ためしに自分の左のふくらはぎを右手でギュッとつまんでみて下さい。声が出るほど痛むはずです。


 ようするに筋の疲労が取れきれずに蓄積され、全身の筋肉が肘やふくらはぎと同じことになっているのです。 この様な状態には肘だけに治療を施しても一時の痛み止めにすぎず、よくなるわけがありません。


発想を転換させて下さい。

 肘の筋肉を治すにはからだ全体が元気でなければいけません。 自分自身の回復力(自然治癒力)で治すのです。 ではこの場合どの様にしたら筋肉を治す自然治癒力が出てくるのか説明します。

 鍼灸豆知識の五行説の表の所でも取り上げましたが、筋の栄養を司るのは、五臓六腑のうちの肝の仕事です。 (漢方的な考えでGOTなどの肝機能とは直接関係はありません)

 この肝に対する治療が、筋肉に対する自然治癒力を高め、からだ全体の筋肉の状態を良好にします。 肘関節だけではなく、からだ全体を整えることが大事なのです。

 実際の治療は肝の元気を出す両手首、足首の4ヵ所のツボと、背骨の両わきのツボに鍼もしくは温灸をします。 これだけでも肘は楽になるのですが、さらに痛む肘に対しては、そこを通る経絡の(大腸経、肺経、小腸経など) 気の流れを判断し、気が弱すぎれば強く、強すぎれば弱くなるように鍼にて調整します。

以上二つの事が治療のポイントです。

 このように治療すれば、プレーを休むことなく、自分の回復力にて肘を治す事が可能です。


おだいじにどうぞ


ゴルフ肘 症例1

≪世田谷区 45歳 男性≫

週に3回200球の練習をしていたところ、二ヶ月前から左肘が痛み出し、近所の鍼灸院にて肩から肘の 鍼治療を5回受けたのですが、症状に変化ないので来院されました。 治療はまず、からだ全体の疲労回復、新陳代謝、肝機能改善を基本にして、肘関節は筋肉の付着部を やわらかくするよう鍼を施しました。 治療回数は、始めの一週は二回、その後は週に一回、自宅では温灸(市販のせんねん灸)をしてもらい 三ヶ月にて完治しました。

ゴルフ肘 症例2

≪川崎市 高津区 38歳 女性≫

週に一度のレッスンの他、150球の練習、コースは月に二回 5月ころから右ひじが痛み出し、家事にも支障をきたし、2週間前位からフキンを絞るのも困難になった 治療は肘と同時に、婦人科機能の改善をはかり、新陳代謝を高め疲労の回復がしやすいようにしました 毎日の温灸と練習後は自宅でもアイシングをしてもらい、治療期間は2ヶ月の計10回にて症状は消えました。

ゴルフ肘 症例3

≪横浜市 港北区 48歳 男性≫

 以前から左肘が痛むことは時々あったが、ここ一ヶ月で急に痛みが強くなり、夜も目が覚めてしまうように なってしまったため来院、練習は週に4回  治療期間2ヶ月半、治療回数12回

ゴルフ肘 症例4

≪横浜市都筑区55歳女性≫

テニスやゴルフをしているわけではないのですが、これらと同じような痛み方なので整形外科でテニス肘と 言われ来院されました(仕事はスーパーのレジ) 腕の使用頻度が多く、代謝機能が低下し疲労の蓄積しやすい更年期の女性に、しばしば見られる症状です 治療期間4ヶ月 回数15回

PAGE TOP


通院実績地域:    川崎市 中原区 元住吉 武蔵小杉 新丸子 幸区 高津区 溝の口 川崎区 宮前区 多摩区 麻生区   横浜市 港北区 日吉 綱島 菊名 都筑区 中区 鶴見区 保土ヶ谷区 戸塚区 南区 西区 神奈川区   東京都 世田谷区 自由が丘 田園調布 大田区 蒲田 品川区 杉並区 目黒区 渋谷区 大和市   海老名市 鎌倉市 横須賀市 相模原市 平塚市 厚木市 町田市 調布市 八王子市 静岡市 他  東横線 目黒線 南武線 横須賀線