五十肩(四十肩)の鍼灸治療 完治療法

五十肩(四十肩)の鍼灸治療 完治療法

 五十肩(四十肩)は患部の治療だけでは回復しづらいものです、朝岡鍼灸院では患部と同時に
原因の一つである疲労の蓄積を治療し回復を早め、五十肩(四十肩)を完治に導きます

五十肩(四十肩)とは

 一般に「五十肩(四十肩)」の日本古来の名で知られているが
肩関節周囲炎、又は癒着性肩関節包炎、が正しい名称です。
ようするに、中高年以上の肩関節周囲の痛みを総じて「五十肩(四十肩)」とよんでいます。

五十肩(四十肩)の原因

 一般には筋、腱、靭帯、滑液包などの老人性退行変化に過労、外傷、血行障害などが加わり
発症するものとされている。(ようするに老化現象)

五十肩(四十肩)の症状

 初期には肩関節の重圧感、疼痛、しだいに運動時痛がおこり、だんだん運動障害が増してゆき
腕をもちあげることも、後にまわすこともできなくなります。

 したがって、髪を洗うこと、セーターやシャツなどの着替えも困難になります。
肩を動かさなければ痛まない人もいれば、じっとしていても非常に痛く、とくに夜間は痛みで眠ることが困難となり
大変つらい人もいます。

五十肩(四十肩)の治療法

 五十肩[四十肩)の患者さんは、鎮痛剤の服用、温熱、運動療法、低周波などの電気などの治療をうけたが
効果がとぼしく夜間の痛みなどに耐えられず、何とかして欲しい、と来院されることが多いようです。

 前述のものはどれも対症療法であり、原因を治療しているわけではない。
また、へたに温めたり運動するとよけいに痛む場合もあります。

 前述のとうり原因は老人性退行変化で、わかりやすく言えば長年の使用により肩がくたびれ疲労がたまったということで「今まで肩を使いすぎたから少し休ませて下さい」と
自分のからだが訴えているのです。

 この様な理由なので、鎮痛剤では原因が治るわけが無く、温熱、マッサージ、低周波にしてもその時は気持ちよい程度で、まして運動療法となると、よけいに疲労がたまり症状が悪化することもあるのです。

 私の治療方鍼としては、からだ全体の疲労を回復させること。

 症状が肩に強く現れるので、そちらに気をとられ自覚がないこともあるが、からだは全体に疲労しています。
この疲労のせいで自分のからだを治す治癒力が低下し、肩を治せないのです。

 つまり、痛むのは肩なのだが、それはあくまでも症状のひとつであり、
悪いのはからだ全体が疲れているからなのです。
肩やその周辺だけに治療しても著しい効果は得られません。

 

 自分のからだを治す元気(自然治癒力)は五臓六腑の元気から得られるものと
東洋医学ではかんがえております。

 この五臓六腑はお互いに助け合いながら働いています。
五十肩の場合、筋疲労、胃腸障害、ストレスなどにより肝または脾の元気が低下しやすく
そのせいで五臓六腑全体の働きが悪くなり自然治癒力も低下してしまいます。

 このように弱った五臓六腑をさがし、これを元気にしてあげることで、からだ全体の元気を出し
自然治癒力を高め、肩を治しやすい環境をつくること、これが治療の基本です。
(使用するツボは手首、足首にあり、まず4ヵ所、これだけで疲労は楽になる)

 

 次に、症状の出ている肩、首、腕の治療をするのですが、ここを通る経絡(気のとうり道)は
肺、心、心包、大腸、三焦、小腸であり、痛むところがどの経絡に沿うものかを見きわめ
また、その経絡の気の流れが弱いのか強すぎるのかを見きわめ、弱い場合は強くなるよう気を補います。

 この二つのポイントをおさえて治療することができれば、五十肩(四十肩)は軽症であれば2から3週間
ひどいものでも3ヵ月から4ヶ月でほぼ落ち着きます。

五十肩(四十肩)の注意事項

 五十肩(四十肩)で夜間の痛みが強い場合、睡眠前にお風呂で一生懸命温める方が多いのですが
これはやめてください。

 一時的に体温は上がるのですが、上がった分その後の下がる幅が大きく
(42度まで上がりその後36度まで下がれば6度も下がったことになる)
これでは、からだは冷えたのだと思い痛みが出てしまうのです。

 痛みの強い時は、あまり温めないほうが良く、温めるのはある程度痛みが引いてからにしましょう。
また、運動療法も痛みのひどい時にはおこなわず、ある程度回復してからの方が良いでしょう

おだいじにどうぞ
五十肩 四十肩 症例1

≪横浜市 港北区 綱島 48歳 男性≫

半年前から徐々に左肩が痛み出し、整形外科にて理学療法を受けていたが、一ヶ月前から睡眠時 痛みで目が覚めてしまう様になり来院 肩関節は60度以上の動きは激痛で不可能、左手は頭まで届かず、着替えも困難 左の背部のコリが強く(胃腸の障害)肩の治療にプラス基本治療として、左の背部のコリが取れるよう 胃腸の機能を整えました。 治療4ヶ月 17回

五十肩 四十肩 症例2

≪横浜市 都筑区 56歳 女性≫

2週間前から右肩が急に痛み出し、洗髪、着替え、家事など、すべての動作が困難になる症状的にはかなり重度であったが、更年期でもあり女性ホルモンのバランスが整う治療を加え急激に回復、始めの二週間で5回治療、その後は週に1回、一ヶ月半9回にて終了

五十肩 四十肩 症例3

≪横浜市 港北区 51歳 女性≫

3ヶ月前から左肩が痛み、ここ1ヶ月は夜間に痛みで目が覚めてしまう よく話を聞いてみると、近所の接骨院にて関節が固まってしまうからと言われ、温熱治療と肩関節をグルグル無理に運動させられていたとの事。炎症と痛みがひどいため、まずこれらを止めていただき、ストレスと疲労の蓄積が強かったので 肩とともに疲労回復の治療をしました 治療期間3ヶ月半、14回

五十肩 四十肩 症例4

≪川崎市 中原区 元住吉 55歳 女性≫

一年くらい前から左肩が痛み出し、週に一度マッサージを受けているが、ここ最近痛みがひどく着替えるのが困難になり洗髪も左で出来なくなってしまったため来院。やはりこの患者さんも無理に肩の運動をさせられていました。 治療期間4ヶ月 16回

この記事を読まれた方は、ぜひ下記の記事も読んでみてください